稽古風景 歌稽古編

こんにちは!Web製作のぺこです!

 

10月24日にチケットが発売されましたね!

毎公演大変早く売り切れてしまいますので、まだお買い求めになっていない方は是非こちらからどうぞ!

 

さて、稽古も順調に進行しています!

先日歌稽古の見学にお邪魔しましたので、その様子をお届けします。

私が伺った時間はちょうど小休憩のタイミング……のはずでしたが、

役者の皆さんは各自振付・音の確認をしたり、芝居について話し合ったりと、熱心に練習中でした!

寸暇を惜しまず練習する様子には稽古場に行くたびに驚かされます。

この日は演出の浮谷さん、演出補佐の大舘さんと演出助手の3名に加えて、歌唱指導の須藤さんと歌唱指導補佐の杉本さんがいらっしゃいました。


この日の稽古は歌稽古。

頭から一曲ごとに実際に振付を踊り前後の芝居を行いながら歌うという形式でした。


1度班ごとに実演すると、指導陣から声色やニュアンスについて、主旋律からコーラス担当まで細かな指摘を頂きます。

歌だけでなく、振付や芝居、表情まで丁寧に確認していました。

Seirenでは毎年様々な公演が行われていますが、プロの舞台で活躍する指導陣の方のアドバイスが頂けるのはやはり貴重な機会です。

細かなテクニックに関することだけでなく、稽古に対する姿勢、楽譜台本への向き合い方について言及される場面も多くあります。

役者の皆さんは真剣にメモを取っていました。

 

今回は真剣な稽古の様子をお届けしましたが、もちろん和気あいあいとした瞬間もたくさんあります!

今後はそういったところも掲載できるように頑張りますね!

 

次回の更新をお楽しみに!